人気ブログランキング |

大阪市福島区を中心とした発達がい・知的障がい児親の会


by tyaoneto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
日時:8月8日(木)10時00分~12時00分
場所:福島区社会福祉協議会 多目的室
講師:NPO法人発達障害サポートセンターピュア種村氏
問題行動の理由と支援方法について
氷山モデルより
目に見える言動にとらわれず、いかに理由を想像するか
事例A
・ゲームや遊びの中で、負けてしまうと、瞬間的に怒りが高まる。
 物を投げる。壁を叩く。
・学校でも先生を蹴ってしまう。
今までの対応
  叱る対応で終わる。 反省文を書かせる。
とりあえず、その場の対応は・・・
①けがをしないようにできるだけ素早く止める。
②その場から離す。
③落ち着くまで、話しかけず待つ。

原因・理由を考える。
・自尊心の低下
・困ったときの適切な表現を知らない(表出のコミュニケーション)
・怒りの発散方法を知らない(感情コントロールの特性)
・抽象的な概念の理解が苦手(理解コミュニケーション)
・自尊心が高まる。
・困ったことを伝えられる。
・怒りのコントロールができるようになる。
・ルールなどの理解ができる。
自尊心を高める・・・・
 一人でできる経験。
 ほめられる経験。
 役割を作る。
 居場所を作る。
わからない時のコミュニケーションの取り方を教える。
 本人の伝えたかったことを整理。
コミック会話などで
 状況を視覚的に伝える。
リマインダー
 相談したい時・・・
 何をしたらいいのかわからない時など
 実際の場面で使用しながら教える。
適切な行動や理由を視覚的に提示
具体的に視覚的(メモで示しながら)提示
 遊び、ゲームのルールなどは、本人に理解できるように提示
自分の感情を理解する。
 レベル(段階に分けて)怒りの場面の理解をする。
 怒りの沈め方の理解を理解する。
 →普段から表にまとめておく
 感情コントロールの方法を実際に教えやっておく。
 <例>ぎゅっと力を入れる握れる道具を使う。
    おもしろ動画。好きなキャラクターなど。
    深呼吸。ポジティブ思考に持っていく方法など
適切な行動ができたときにほめる。(自尊心を高める。)
 ‥‥褒められたことをファイリングなど
好ましい行動はほめて強化!
 応用行動分析学
 ABC分析 A状況 どんなことをきっかけに
      B行動 何をすると
      C結果 どうなったか
・行動の後にいいことがあると、その行動が増える。
・行動の後にいいことが起きないと、その行動は減る。
・好ましくない行動は、取り合わない(反応しない)。
・好ましい行動を教えて、できたら褒める。

事例Bでは、
  指示に従うことに時間がかかる
・不安なことを伝えられない。(表出のコミュニケーション)
・複数の支持をされるとわからなくなる。(短期記憶・ワーキングメモリーの特性)
・言語指示だけだとイメージしにくい(理解コミュニケーション)
・自尊心の低さ
アプローチ
書いて整理する。
適切なコミュニケーションの取り方を示す
メモを取る
視覚的な指示を伝える。
自信をつける。

相談・・・ということがわからなかった。
本人の状況を聞き、書きながら整理する。→相談という概念がわかり、信頼できる相手ができる。

口頭では、自分の思いを伝えにくい。
パソコンで表現→選択肢がある中で表現は伝えやすい。

複数の指示をされると抜けてしまったり、わからなくなってしまう。
→メモを取る練習
 用紙のどこに書けばよいのか?になる。→枠づけ

言語指示だけだと作業のイメージがわかない      
イラストや文字の手順書でもうまくいかず・・・iPhoneを使ったビデオモデリングの支援
→視覚的支援がいいという解釈ではなく、本人の特性を知り、その特性に合わせた支援が重要。

達成体験の積み重ねと、実習先の方に褒められることで自信につながった。→働くモチベーションに

就労定着支援の中で・・・
疲れとリラクゼーションの理解の支援
「すみません、○○さん、□分休憩いただきます。」
「すみません、○○さん、しんどいのでもう少し休憩時間をいただいてもいいですか?」
「すみません、○○さん、しんどいので、帰らせてください。」
図に書いて、リマインダー等

事例C
行動障害 人に襲いかかる。
・自分の思いを伝えられない。
・見通しが立たず不安。
・人や物の視覚刺激がつらい。

本人を中心とした支援体制の形成
 ・保護者・主治医・学校・スーパーバイザー・事業所

ストラテジシートを用いて、行動の分析。

支援方法
・表出コミュニケーション支援 
 PECSや筆談メモ帳による支援。
・理解コミュニケーション支援
 ・スケジュール(デイリー、月間、年間)や手順書等を用いる。
 ・ホワイトボード、絵カードの活用。
 ・物理的構造化 不要な視覚情報が入らないように。
地域で行動障害のある方を支えるには
・家族へのフォローと、家庭に入り込み環境調整
 ⇒基盤は、あくまで家庭。
・ドクターや、スーパーバイザーなど、客観的な立場の方と連携を取り、
 様々な視点をもって支援を行う。
・スタッフの支援力、忍耐力、スタッフ同士の支えあいがとても大切。
・表出コミュニケーションの重要性。伝えられないことに対して不適応行動が多く見られた。
・行動障害が軽減した後、地域社会にどのように移行していくかの計画が必要。



c0087419_22275527.jpg

 
c0087419_22265004.jpg
 

 


# by tyaoneto | 2019-08-08 13:23 | 活動報告
日時:7月30日(火)13時30分~15時30分
場所:福島区社会福祉協議会 多目的室
講師:NPO法人発達障害サポートセンターピュア松井氏
理解のコミュニケーションとその支援~構造化のアイディアを用いて~
内容
・前回の復習
・コミュニケーションとは?
・理解コミュニケーション支援のポイント①
  ~時間の見通し~
・理解コミュニケーション支援のポイント②
  ~活動内の見通し~
理解コミュニケーション支援のポイント③
  ~空間の構造化~
理解コミュニケーション支援のポイント④
  ~適切な方法やルールの理解~

コミュニケーションとは?
①理解・②表現・表出・③相互作用
理解と表現・表出の両方がそろってコミュニケーションが成り立つ。
コミュニケーション(理解)の場面
~どのようなことを伝えているか?~
・指示(~して)
・依頼(〇〇おねがい)
・あいさつ
・予定(今日は〇〇するよ!)
・やり方、ルールの説明
・褒めること(うまくできてるね!)
・質問(学校どうだった?)
・コメント(今日は寒いね~)など

コミュニケーションの手段
~どのように伝えているか?~
・話しことば
・文字(メール、LINE、手紙)
・ジェスチャー(身振り)
・表情、声色
・写真、イラスト(メニュー)
・音楽?など

コミュニケーションで大切なこと
相手が何を伝えたいかがわかること
→子どもの理解する力、特性を意識して伝え方(手段)を工夫する。
発達検査、知的検査の情報も大切。

発達障害の人の理解の特性
得意
・具体的で明確なことの理解
・目で見て理解すること
・経験したことを記憶する
・理論や正確さにひかれる
不得意
・抽象的で曖昧なことの理解
・言葉を耳で聞いて理解すること
・経験していないことを想像する
・字義通りに解釈するため、柔軟性に欠ける

発達障がいの人たちは、ことばだけで伝えられると・・・
・一部しか理解できなかったり、とらえ違いをしてしまう。
・自分に話しかけられているかどうかがわからない。
・自信がなくなる。
・わからないことだらけで周りを見て動いたり、自分から動けず指示待ちになってしまう。

体験を通じて・・・
絵になりやすい言葉は、誰もがわかりやすい。
絵になりにくい言葉は、発達障がいの人にはわかりにくい。
→具体的に伝えるように伝える。
あれ、これ、それ→物の名前をいう
ちょっとまって→5分待って(数字を使う)
否定的✖というかわりに肯定的〇に伝える。
走ったらだめ→歩こうね

支援の工夫
・視覚的 ・具体的 ・肯定的
わかりやすく伝えるため工夫
・実物で ・写真やイラストで・文字を使って
(本人の特性に合わせた視覚的支援が大切!)

時間の見通し
・スケジュールの使用
・するべきこと、見通しを視覚的に伝える。
・タイマー
活動内の見通し
・手順書
  一連の手順を目で見てわかるように示したもの。
  →理解できることで、日常生活の中で自立して行動できる力につながる。
空間の構造化
・不要なものは見えないように工夫。カーテンなど
・片付けの工夫  仕切、ファイル、シーリング
適切な方法やルールの理解
・ソーシャルスキルの獲得
・〇✖で伝える。
・ルールを絵や文字で伝える。
・コミック会話(人の気持ちや、適切なかかわり方を視覚的に整理)
・ソーシャルストリーズ(社交上のルールや社会性の発達を支援し、
 対人関係理解を向上させる。)
・パワーカード

できない経験、否定される経験が多い→自尊心を傷つけ、自信の喪失につながる。
→二次障害(精神障害やひきこもりなど)につながる。
自信を高める!
自信を高めると→チャレンジ精神につながる。
        自ら考えて行動することにつながる。
自信を高めるには・・・
・自分一人でできる経験を増やす。
・褒められる経験を増やす。
・役割を作る。
・居場所を作る。
好ましい行動に注目しよう!
・好ましい行動ができたらほめて強化する。
・一人ひとりに合わせたほめ方で!
・即自的にほめる。0.5秒ルール
褒める
BESTではなく、betterをほめる。
普段できていることをほめる。
「○○してくれてありがとう」とほめる。

c0087419_23032668.jpeg
c0087419_23013131.jpeg
c0087419_23005472.jpeg

  



# by tyaoneto | 2019-07-30 21:44 | 活動報告
日時:7月19日(金)10時〜12時
場所:福島区社会福祉協議会 多目的室
講師:NPO法人発達障害サポートセンターピュア種村氏
表出のコミュニケーションとその支援~特性に合わせた支援方法を用いて~
内容
・発達障害とは
・表出コミュニケーションについて
・知的障害が軽度もしくはないタイプの支援方法例
・知的障害が重いタイプの支援方法例

発達障がいは、
・学習障害(LD)知的発達に遅れはない。聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のいずれかが困難。

・注意欠陥多動性障害(ADHD)
衝動性、多動性、不注意。

・自閉症スペクトラム(ASD)
コミュニケーションの特性、想像力の特性、対人社会性の特性がある。

自信を持っていきいきと生活を送るために・・・
*信頼できる、そしてそれを認めてくれる、仲間や、大人がいる。
*没頭できることを作る。
*得意なことや、長所を伸ばす。
*周囲のご本人の特性理解と、適切な支援・環境

適切なな支援・環境のもとでは・・・
・自立して活動できるようになる。
(理解コミュニケーション)
・自分の思いを自発的に表現できるようになる。
(表出コミュニケーション)

困った行動(困っている本人の行動)の多くの課題は、コミュニケーションに起因する場合が多い。
コミュニケーションの形態
本人→他者へ
・強化子の要求
・援助の要求
・休憩の要求
・拒否(いいえ)
・肯定する(はい)

他者→本人へ
・指示に従う
・スケジュールに従う
・待つこと、ないことの理解
・活動の切替の理解

表出について
・自発的な表出
・応答の表出

発達障害の人にとって「ことばを話す」事と、
「ことばをコミュニケーションの道具として使う」ことは別物である。

どのように表出しているか知ろう!
話し言葉、かんしゃく、表情、行動、身振り、実物、サイン言語、文字・絵・写真など

表出面について支援ポイント
①子どもの表出の仕方について現状を把握
→何を伝うようとしているのか?知ることが大切。

②子どもに合わせた表出の仕方を教える。
→ことば以外での代替手段。
伝え方の手がかりを示す。
PECS
筆談
リマインダー
携帯端末、スマホ、タブレットなど


興味のあることを大切に!
人とのコミュニケーションを取ることの便利さ、楽しさ、必要性に早く気づかせてあげることが大切。

PECSの開始
1、絵カードで要求する(カードと強化子の交換)
2、離れた位置から絵カードを交換しにきて要求
3、要求に使う絵カードの区別と選択
4、「・・・・ください」という文で要求する
5、「何が欲しい?」に要求で答える
6、質問に応答的なコメントをする
自発的なコメントをする


パワーカードの紹介
・子どもの好きなキャラクターや芸能人を用いて対人関係やルーティン、
 言葉の意味、暗黙のルールなどを理解できるように支援する資格的補助具。

c0087419_21392482.jpeg
c0087419_21395563.jpeg



# by tyaoneto | 2019-07-19 21:33 | 活動報告
c0087419_12414727.jpg
大阪市ボランティア活動振興基金の授与式に行ってきました。
156団体の授賞式でした。
顔見知りの方や、お名前を聞いた事のある団体さんが、数多く見られました。
つながって行けたら素敵だなぁと、思っています。

当会は、発達障がい児の社会性を育てるための学習会を5回連続講座と、行動障がいの支援講座の2つの講座を行います。
助成いただいて、感謝、感謝です!


# by tyaoneto | 2019-07-12 12:41 | 活動報告
c0087419_11045489.jpg


# by tyaoneto | 2019-07-04 11:04 | これからの予定


# by tyaoneto | 2019-06-08 08:28 | これからの予定

サロンつばさ

c0087419_22153090.png

# by tyaoneto | 2019-04-03 22:15 | これからの予定
c0087419_22534410.png

# by tyaoneto | 2019-01-10 22:54 | これからの予定

c0087419_16484140.gif
親なき後の勉強会やります!

# by tyaoneto | 2018-12-11 16:48 | お知らせ
12月22日サロンつばさ  クリスマスコンサートを行います。
c0087419_14134762.png



# by tyaoneto | 2018-11-25 14:18 | お知らせ

10月27日(土)PM2:30〜3:00

c0087419_20251487.jpg
10月27日(土)PM2:30〜3:00
サロンつばさ(福島育成園2階食堂)で、ハロウィンヘルマンハープコンサートを開催いたします。
お茶を飲みながら、優しい音楽を聴きませんか?
みなさんのお越しをお待ちしています😉

# by tyaoneto | 2018-09-28 20:24 | 情報
c0087419_20040021.png

# by tyaoneto | 2018-06-13 20:04 | これからの予定
c0087419_19573347.png

# by tyaoneto | 2018-06-13 19:58 | これからの予定

サロンつばさオープン

4月28日(土)14時〜サロンつばさオープンしました。
オープン二ングに際し、地元の音楽グループドリームさんに来ていただき、楽しい音楽を披露していただきました。
コミニティーサロンの大先輩の皆さんに、コーヒー☕️の美味しい入れ方を伝授、またお手伝いいただきました。
お花💐の差し入れに感動し、たくさんのお手伝いに感動しました。ほんとにありがたいです🙏

初回で反省点もいっぱいありましたが、次回に備えてがんばろうと思えた充実した1日でした。

障がいの有無に関わらず、コミニティーが崩れている昨今。
月1の活動ですが、楽しみにしてくれる人が増えると嬉しいな😊
来月は5月26日(土)14時〜16時です。

c0087419_11202670.jpg

c0087419_11203619.jpg

c0087419_11204812.jpg

c0087419_11205928.jpg


# by tyaoneto | 2018-04-28 20:00 | 活動報告

サロンつばさ

サロンつばさオープン

c0087419_23274891.png

# by tyaoneto | 2018-04-22 23:31 | 情報