人気ブログランキング |

大阪市福島区を中心とした発達がい・知的障がい児親の会


by tyaoneto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

発達障がい児の社会性を育てるための学習会第2回目

日時:7月30日(火)13時30分~15時30分
場所:福島区社会福祉協議会 多目的室
講師:NPO法人発達障害サポートセンターピュア松井氏
理解のコミュニケーションとその支援~構造化のアイディアを用いて~
内容
・前回の復習
・コミュニケーションとは?
・理解コミュニケーション支援のポイント①
  ~時間の見通し~
・理解コミュニケーション支援のポイント②
  ~活動内の見通し~
理解コミュニケーション支援のポイント③
  ~空間の構造化~
理解コミュニケーション支援のポイント④
  ~適切な方法やルールの理解~

コミュニケーションとは?
①理解・②表現・表出・③相互作用
理解と表現・表出の両方がそろってコミュニケーションが成り立つ。
コミュニケーション(理解)の場面
~どのようなことを伝えているか?~
・指示(~して)
・依頼(〇〇おねがい)
・あいさつ
・予定(今日は〇〇するよ!)
・やり方、ルールの説明
・褒めること(うまくできてるね!)
・質問(学校どうだった?)
・コメント(今日は寒いね~)など

コミュニケーションの手段
~どのように伝えているか?~
・話しことば
・文字(メール、LINE、手紙)
・ジェスチャー(身振り)
・表情、声色
・写真、イラスト(メニュー)
・音楽?など

コミュニケーションで大切なこと
相手が何を伝えたいかがわかること
→子どもの理解する力、特性を意識して伝え方(手段)を工夫する。
発達検査、知的検査の情報も大切。

発達障害の人の理解の特性
得意
・具体的で明確なことの理解
・目で見て理解すること
・経験したことを記憶する
・理論や正確さにひかれる
不得意
・抽象的で曖昧なことの理解
・言葉を耳で聞いて理解すること
・経験していないことを想像する
・字義通りに解釈するため、柔軟性に欠ける

発達障がいの人たちは、ことばだけで伝えられると・・・
・一部しか理解できなかったり、とらえ違いをしてしまう。
・自分に話しかけられているかどうかがわからない。
・自信がなくなる。
・わからないことだらけで周りを見て動いたり、自分から動けず指示待ちになってしまう。

体験を通じて・・・
絵になりやすい言葉は、誰もがわかりやすい。
絵になりにくい言葉は、発達障がいの人にはわかりにくい。
→具体的に伝えるように伝える。
あれ、これ、それ→物の名前をいう
ちょっとまって→5分待って(数字を使う)
否定的✖というかわりに肯定的〇に伝える。
走ったらだめ→歩こうね

支援の工夫
・視覚的 ・具体的 ・肯定的
わかりやすく伝えるため工夫
・実物で ・写真やイラストで・文字を使って
(本人の特性に合わせた視覚的支援が大切!)

時間の見通し
・スケジュールの使用
・するべきこと、見通しを視覚的に伝える。
・タイマー
活動内の見通し
・手順書
  一連の手順を目で見てわかるように示したもの。
  →理解できることで、日常生活の中で自立して行動できる力につながる。
空間の構造化
・不要なものは見えないように工夫。カーテンなど
・片付けの工夫  仕切、ファイル、シーリング
適切な方法やルールの理解
・ソーシャルスキルの獲得
・〇✖で伝える。
・ルールを絵や文字で伝える。
・コミック会話(人の気持ちや、適切なかかわり方を視覚的に整理)
・ソーシャルストリーズ(社交上のルールや社会性の発達を支援し、
 対人関係理解を向上させる。)
・パワーカード

できない経験、否定される経験が多い→自尊心を傷つけ、自信の喪失につながる。
→二次障害(精神障害やひきこもりなど)につながる。
自信を高める!
自信を高めると→チャレンジ精神につながる。
        自ら考えて行動することにつながる。
自信を高めるには・・・
・自分一人でできる経験を増やす。
・褒められる経験を増やす。
・役割を作る。
・居場所を作る。
好ましい行動に注目しよう!
・好ましい行動ができたらほめて強化する。
・一人ひとりに合わせたほめ方で!
・即自的にほめる。0.5秒ルール
褒める
BESTではなく、betterをほめる。
普段できていることをほめる。
「○○してくれてありがとう」とほめる。

c0087419_23032668.jpeg
c0087419_23013131.jpeg
c0087419_23005472.jpeg

  



by tyaoneto | 2019-07-30 21:44 | 活動報告